第3回部会セミナー

2019年12月04日

第3回部会セミナー


2019年11月21日(木)に(一社)プラスチック循環利用協会会議室にて、弊組合の11月度の理事会終了後、第3回部会セミナーを開催いたしました。今回のテーマは、「IoT情報還流社会&業界コラボレーション」です。

まず、最初に、弊組合と協働でカーボンフットプリント(CFP)に取組んでいる全日本プラスチックリサイクル工業会(JPRA)の石塚会長より、該工業会の組織・体制・加盟企業、活動内容(特徴、課題等)について紹介頂きました。両団体が共に更なる発展を果たすには、CFPを含む多種多様な活動でのコラボレーションが必須です。今回のセミナーがその足掛かりになればと思っています。

引き続き、記念講演では、東京電機大学 未来科学部准教授の岩井将行先生に「IoTによる情報還流社会から考えるリサイクル業界の期待と可能性」の演題で講演を頂きました。 新しいビジネスモデルとして、3Dプリンタ技術を生かした靴づくり(オーダーメイド)、リサイクルハブ(出会い系サイト+リサイクル)、Charge SPOT(日本発のスマホ充電器のシェアリングサービス)等の紹介や、先生のCyber Physical Systemを軸に据えた分野横断的な研究成果について話を伺いました。その中にリサイクル業界のモノづくりやサービス分野の“IoT活用”の可能性について、多くのヒントが感じられ非常に有意義な時間でした。

尚、セミナー終了後、講師の先生を交え参加会員企業一同大いに親睦を深めました。


img1
平野理事長挨拶
img2
JPRA石塚会長プレゼン
img3
記念講演(東京電機大学 岩井准教授)
img4
岡田成形部会長挨拶・講師紹介
img5
平田成形副部会長閉会の挨拶